TOP▶ お役立ちコンテンツ カテゴリー別一覧

【官公署に提出する書類の作成 とその代理・相談業務】の検索結果:15件

行政書士の業務内容その34:「外国人登録を申請したい」

行政書士の業務内容その34:「外国人登録を申請したい」 在留資格が得られると、日本で生活することができます。 その後、日本で生活するために大切な手続きは「外国人登録」です。 これはいわゆる「日本の住民登録」となります。 外国人登録をすると、写真入りの「外国人登録証明書」が発行されます。 また、

行政書士の業務内容その33:「在留資格を申請したい」

行政書士の業務内容その33:「在留資格を申請したい」 国際結婚以外にも日本に在留する資格申請が必要なケースが多々あります。 ■在留資格とは? 簡単に言えば、日本がどのような外国人を受け入れるかについて、 その外国人が日本で行おうとする活動の観点から類型化して入管法に定めたものです。 上陸が許可さ

行政書士の業務内容その32:「国際結婚の手続きをしたい」

行政書士の業務内容その32:「国際結婚の手続きをしたい」 外国人と結婚して一緒に日本で生活するためには 配偶者が日本に入国と生活をするための資格を取得する必要があります。 在留資格には様々な種類がありますが、 「日本人の配偶者等」という在留資格がありますので、これを申請します。 ただし、書類を

行政書士の業務内容その29:「風俗営業許可の申請がしたい」

行政書士の業務内容その29:「風俗営業許可の申請がしたい」 いざ、お店を開店すると決めた際には、事前に さまざまな準備が必要になることがあります。 飲食店や遊技店を開店するには、 営業開始前に保健所・警察署等に必要書類を提出し、 その施設が基準を満たしているかどうか確認を受ける必要があります。

行政書士の業務内容その13:「建設業を始めたい」

行政書士の業務内容その13:「建設業を始めたい」 行政書士は、建設業許可の要否や許可条件を満たしているか否かの判断をし、 必要な書類の作成及び代理申請を行います。 一定規模以上の建設業を営む場合は 都道府県知事又は国土交通大臣の許可が必要です。 また、関連する各種申請以下も行います。 ・経営

掲載事務所

環境貢献しながら貴サイトをPR!